ダンベル フライ。 ダンベルフライの正しいフォームと効果的なやり方

フライ ダンベル フライ ダンベル フライ ダンベル

🐝 上半身の印象が良くなる 大胸筋は顔のすぐ下、身体の真正面にあるため、とても目立つ筋肉です。 負荷が途切れると疲労が蓄積されないので、結果的に効かせられないトレーニングになってしまいます。

18
背中は、懸垂のみです。 これで十分に追い込むことが出来ています。
フライ ダンベル フライ ダンベル フライ ダンベル

🙄 無理して行えたとしても、怪我のリスクが大きくなるだけでなんのメリットもありません。

8
基本的なダンベルフライのやり方 ダンベルフライには応用的なトレーニングメニューもありますが、 まずは基本的なダンベルフライのやり方をマスターしましょう! ダンベルをお持ちでない方は「」でおすすめを紹介しているので参考にしてください。 学生時代に鍛えたことがある人はすぐに到達してしまうかもしれません。
フライ ダンベル フライ ダンベル フライ ダンベル

😝 バストアップ になります。 筋トレは「正しいフォーム」で行う事が大切なので、やり方をきちんとマスターして行いましょう。 ウォーミングアップを必ず行う ダンベルトレーニングを行う前には、必ずウォームアップを行いましょう。

肩が上がらないように意識をする ダンベルフライで大胸筋ではなく肩に効いてしまうと言う方は、 もしかしたら動作中に無意識の内に肩の位置が高くなってしまっているかもしれません。
フライ ダンベル フライ ダンベル フライ ダンベル

🤟 なのでトレーニングの後は、プロテインで疲労回復と筋肉の成長を促しましょう。

9
こちらが、模範的なダンベルフライの動画で、ダンベルフライのなかでも男性向きの「ヘビーダンベルフライ」のやり方です。 それぞれのポイントを見ていきましょう。
フライ ダンベル フライ ダンベル フライ ダンベル

😝 肘を伸ばしたまま動作を行ってしまいますと、肩の筋肉や上腕二頭筋のストレッチが強くなり、狙った大胸筋に対して意識が向かなくなってしまうと言う可能性があります。

15
顎をやや引き気味にして動作を行う。
フライ ダンベル フライ ダンベル フライ ダンベル

😒 弧を描いてから、真っ直ぐ胸の前へ突き出す平泳ぎのような動きを意識する ダンベルフライプレスは、ダンベルフライでは扱えない高重量を扱えるため、より高重量で筋肥大を目指したい場合などにおすすめのトレーニング方法です。 自分に最適な重さでダンベルフライを行いましょう。

11
そこで重要なのが『 屈曲(腕を下から前方上部にもってくる動作)』です。
フライ ダンベル フライ ダンベル フライ ダンベル

✆ 上げ切ったら、また腕を開いて下ろしましょう。

8
顎をやや引き気味にして動作を行う。 ただし、 床に寝てやっても意味がないので注意してください。
フライ ダンベル フライ ダンベル フライ ダンベル

👇 腕を上下させるのではなく、胸を開閉する意識でダンベルを真横に下ろします。 ダンベルフライでは肘を曲げすぎず、伸ばし過ぎないことが重要なポイントです。 重いダンベルで全身を使ってダンベルフライを行ってもほとんど効果がありません。

7
最初に無理をしない程度の負荷にしておきましょう。