艦 これ ss 提督 嫌 われ。 嫌われ提督とウォースパイト

Ss 提督 これ 嫌 われ 艦 Ss 提督 これ 嫌 われ 艦 Ss 提督 これ 嫌 われ 艦

😄 81 ID:mnepNzgr0 執務室 コンコン 「失礼します」 提督「……加賀か、何の用だ? 今日の秘書艦は夕張のはずだが?」 加賀「(こちらを見向きもしませんか……まぁいつも通りですが)いえ、何か手伝う事はないかと思いまして」メガネスチャ 提督「無い」 加賀「そうですか」ジィッ 提督「……用が無いなら早く出て行け」 加賀「(数値は……)っ!?!?!?」ガタッ 提督「……? 何を……お前眼鏡なんて掛けてたのか」 加賀「え? あっ、はい。 大和の様子でも見に行くか。

11
武蔵から聞きました。
Ss 提督 これ 嫌 われ 艦 Ss 提督 これ 嫌 われ 艦 Ss 提督 これ 嫌 われ 艦

💢 少し遅れて、執務室へと一人の艦娘が提督の元へとやってきた。

18
すみません、先に提督にお仕事をさせることになってしまって……」 申し訳なさを感じ、高雄は提督に深々と頭を下げる。
Ss 提督 これ 嫌 われ 艦 Ss 提督 これ 嫌 われ 艦 Ss 提督 これ 嫌 われ 艦

⚐ 大好きな提督が傍にいてくれればいい。 提督も申し訳ない気持ちがないと言えば嘘になるが、やはり人と同じ姿でも化け物は化け物。

19
振り返ると、そこにはこの鎮守府に所属する艦娘たちが自分を見つめていた。 」 大和「絶対だからね、武蔵!お願いよ!」 …嘘だろ…大和がそんな風に思っていたなんて…いや、いい機会かもしれない。
Ss 提督 これ 嫌 われ 艦 Ss 提督 これ 嫌 われ 艦 Ss 提督 これ 嫌 われ 艦

💖 そう思いながら提督は急いで先ほど去っていった大将を追おうとする。 約束の時刻に差し掛かったころ、一台の車が提督の待っている鎮守府の入り口の前で止まり、中から海軍の大将が下りてきた。 ある日突如として海から現れた異形の怪物、深海棲艦。

13
私、お茶を入れてきます」 「………」 「提督、艦隊戻ったぞ。 大勢の艦娘たちの食事と会話で盛り上がっている食堂だったが、そこに提督の姿はなかった。
Ss 提督 これ 嫌 われ 艦 Ss 提督 これ 嫌 われ 艦 Ss 提督 これ 嫌 われ 艦

☎ 「おはようございます、提督。 すみません、先に提督にお仕事をさせることになってしまって……」 申し訳なさを感じ、高雄は提督に深々と頭を下げる。 「この前は大量の資材の使用許可を出してくれてありがと。

ある日突如として海から現れた異形の怪物、深海棲艦。 「くそ… こんなことがいつまで続くんだ? これじゃ、俺の身が持たないじゃないか…!」 彼がここへ来てからしばらく時間がたつが、大本営の方からは未だ連絡がなく、嫌がおうににも関わりたくない艦娘たちの相手をし、提督業をつづけなくてはならない始末。
Ss 提督 これ 嫌 われ 艦 Ss 提督 これ 嫌 われ 艦 Ss 提督 これ 嫌 われ 艦

🐝 DMMGAMESストアのアプリを起動、艦これのアプリを検索、ここからダウンロードします。

3
ただでさえ艦娘が苦手だというのに、よりによって相手は話の通じない 駆逐艦 子供。
Ss 提督 これ 嫌 われ 艦 Ss 提督 これ 嫌 われ 艦 Ss 提督 これ 嫌 われ 艦

🤝 そう思って仕事に打ち込むと、意外と集中して仕事に打ち込めた。

今回も敵艦隊が手強かったが、こうして全員無事に帰投することができた。
Ss 提督 これ 嫌 われ 艦 Ss 提督 これ 嫌 われ 艦 Ss 提督 これ 嫌 われ 艦

❤ 実は夕張に大量の資材の使用許可を出したのは、資材を開発でどんどん溶かし艦隊を運用できなくして無能な提督だと艦娘たちに印象づける。

その異様な光景に、提督は怒りより若干の恐怖を感じていた。 皆の目が黒く染まり、正気ではなくなっていることに… そして気づいてしまった。
Ss 提督 これ 嫌 われ 艦 Ss 提督 これ 嫌 われ 艦 Ss 提督 これ 嫌 われ 艦

👈 足音が遠ざかり、彼女たちがいなくなかったことを確認した提督は、 「…そうしたほうが、しばらくお前らの顔を見なくて済むんだよ!」 もうそこにはいない長門たちに悪態をつくのであった。 彼にとってもそれは避けたかったので、今は他の艦娘に出会わないよう人気のない場所を歩いていたのであった。 その声は夜の廊下にまでかすかに響いており、 「…青葉、聞いちゃいました………」 報告書を提出しに来た青葉の耳に届いていた。

15
アクセスしたら、「 今すぐ出撃」をクリック。 いい艦娘と巡り会えたものだとこれほど感じたことはない。