南海 電鉄。 南海グループ

電鉄 南海 電鉄 南海 電鉄 南海

😉 主な交差道路 [ ] 今池駅 飛田駅 大阪市道津守阿倍野線(併用軌道) 阿倍野駅(斎場前) (平野方面) 苗代田駅 庚申街道(今池・阿倍野方面) 文ノ里駅 股ヶ池駅 田辺駅 駒川町駅 中野駅 線(平野方面) 西平野駅 国道309号線(今池・阿倍野方面) 平野駅 飛田駅 - 西平野駅間 行先表示 [ ] 平野線に入線する列車は、円形の板を使用し、恵美須町 - 平野が白地に黒文字、天王寺駅前 - 平野が青地に白文字で、それぞれ始終着駅を並列表記していた。 その見易さや分かり易さから、社団法人日本サインデザイン協会が主催するコンテストで表彰を受けるなど、高い評価を受けている。

13
その延長線上にターミナルデパートがあった。 2005年11月27日のダイヤ改正前は朝のみ数本の運転であった。
電鉄 南海 電鉄 南海 電鉄 南海

☢ 「南海百貨店」の役割を担うのは、あの有名百貨店 そもそも、なぜ大手私鉄は直営、あるいは関連会社としてデパートを経営しているのだろうか? (平成14年) の - 間が廃止。

10
また1934年には、競合する阪和電気鉄道とともに「」・「土曜列車」など紀勢西線(現在の)への直通運転も開始し、1940年から1951年の中断期を経て、1985年の紀勢本線における廃止に伴う「」消滅まで続けられた。
電鉄 南海 電鉄 南海 電鉄 南海

🖖 で運用されていたは、本系列の製車体バージョンである。 でも2003年までは「大阪」「京都」と案内していたが現在は大阪と京都は付けていない。

17
これは当時、上町線の下り線用ホームは阿倍野交差点の北側にあったのに対し、上り線用ホームが阿倍野交差点の南側にあったためである(4つのホームのうち、このホームだけ道路上の白線のみでが無かった)。
電鉄 南海 電鉄 南海 電鉄 南海

⚐ みさき公園駅が特急の停車駅になる。 このため、岸和田駅上り線ホームのには「普通 泉大津」「各駅にとまります」と書かれたパターンが残っている)。

20
4kmだったといいます。
電鉄 南海 電鉄 南海 電鉄 南海

😚 平野から来た列車の扱いは操車係員が恵(恵美須町)・天(天王寺駅前)の何れかのボタンを押し、構内信号が青と同時にブザー・チャイムが鳴り発車する方式を取っていた。 また、計画道路として、文ノ里 - 股ヶ池間にはが、西平野 - 平野間には主要地方道大阪内環状線(現在の)の建設が進みつつあったことから、これらの道路と交差する踏切も、交通渋滞を引き越こすことが予測された。 和歌山出張場 高野線検車区• の被害を受ける。

10
なお、青で「 準急」と表示されている現行の停車駅の準急は「青準急」と呼ばれていた。 全車両座席指定券が必要で、「 レギュラーシート」と、より快適な「 スーパーシート」の2種類の座席があります。
電鉄 南海 電鉄 南海 電鉄 南海

🤪 株式会社()• 駅一覧 [ ] 全駅に所在。 1993年3月23日• 臨時株主総会を開き、資本金70万円増資で難波 -浜寺、並びに天王寺支線電化事業に取り組むことを決定する。

2kmの専用軌道区間の鉄道用地をに売却した。