都市 再生 特別 措置 法。 都市再生特別措置法とは

再生 措置 都市 法 特別 再生 措置 都市 法 特別 再生 措置 都市 法 特別

🖐 また 承継効(しょうけいこう:協定締結後に新たに所有者になった者にもその効力が承継され及ぶこと)があります。

8
)を適用する。
再生 措置 都市 法 特別 再生 措置 都市 法 特別 再生 措置 都市 法 特別

😎 イクラ株式会社代表。 以下同じ。 )の規定にかかわらず、同法による第一種市街地再開発事業により当該施行者が取得した同法第2条第9号に規定する施設建築物の一部等若しくは同法第7条の11第2項に規定する個別利用区内の宅地又は同法による第二種市街地再開発事業により当該施行者が取得した同法第2条第10号に規定する建築施設の部分を、公募をしないで賃貸し、又は譲渡することができる。

9
以下この節において同じ。 以下この号において同じ。
再生 措置 都市 法 特別 再生 措置 都市 法 特別 再生 措置 都市 法 特別

✇ また誘導すべき用途に供する建築物については、用途地域および特別用途地区の規定は適用されない。

14
)を作成することができる。
再生 措置 都市 法 特別 再生 措置 都市 法 特別 再生 措置 都市 法 特別

☭ あべのハルカスは大阪市によって「阿倍野町筋一丁目地区」という都市再生特別地区に指定されています。 )の長並びに特殊法人 (法律により直接に設立された法人又は特別の法律により特別の設立行為をもって設立された法人であって、総務省設置法 (平成11年法律第91号)第4条第1項第9号の規定の適用を受けるものをいう。 第37条 都市再生事業又は都市再生事業の施行に関連して必要となる公共公益施設の整備に関する事業 (以下 「都市再生事業等」という。

)の配置及び利用の状況その他の状況からみて、これらの区域内の一団の土地の所有者及び借地権等を有する者 (土地区画整理法第98条第1項の規定により仮換地として指定された土地にあっては、当該土地に対応する従前の土地の所有者及び借地権等を有する者)による立地誘導促進施設の一体的な整備又は管理が必要となると認められる区域並びに当該立地誘導促進施設の一体的な整備又は管理に関する事項を記載することができる。
再生 措置 都市 法 特別 再生 措置 都市 法 特別 再生 措置 都市 法 特別

👏 もくじ• 都市再生特別地区の目的は、少子化が進み人口構成や産業構造が大きく変わった中、停滞した都市機能の再構築をどうするかにあり、都市再生効果の大きい事業計画に対して広範な都市計画特例を認めることにより、民間事業者の創意工夫を活かした優良なプロジェクトの実現を図ろうとするものです。

5
以下この章において 「土地所有者等」と総称する。
再生 措置 都市 法 特別 再生 措置 都市 法 特別 再生 措置 都市 法 特別

🌭 そのため、都市再生特別地区内においては、建ぺい率や容積率などの制限は、原則として都市再生特別地区に関するにおいて定められた内容に適合しなければなりません。 )」と、「同項」とあるのは「第11条第1項」と、同条第2号中「第12条」とあるのは「第12条(都市再生特別措置法第103条第2項の規定により読み替えて適用する場合を含む。

19
このため、都市再生特別措置法が改正され、行政と住民や民間事業者が一体となったコンパクトなまちづくりを促進するため、立地適正化計画制度が創設されました。
再生 措置 都市 法 特別 再生 措置 都市 法 特別 再生 措置 都市 法 特別

😉 )が必要となると認められる区域及び当該都市利便増進施設の一体的な整備又は管理に関する事項を記載することができる。 第2款 退避施設協定 3 前節 (第45条の2第1項及び第2項を除く。 )の規定は、退避経路協定について準用する。

3
建築物の容積率の最低限度• (国土交通省HP:) まとめ 調査した結果、売買の対象となる不動産が、都市再生緊急整備地域内の都市再生歩行者経路協定・退避経路協定・退避施設協定・管理協定区域内、また立地適正化計画区域内、居住誘導区域外、非常用電気等供給施設協定区域内、個別利用区内、特定用途誘導地区内に該当する場合には、制限の内容を調査するとともに、不動産の重要事項説明書の「都市再生特別措置法」の項目にチェックをつけて、制限内容を説明する必要があります。 建築物の建ぺい率の最高限度• これを踏まえ、 を決定(平成30年7月12日都市再生本部)するとともに、三大都市圏及び地方中枢・中核都市等において、 1 候補地域の取り組み、 2 未来技術実装事業、 3 i-都市再生等の新たな取り組みを重点的に実施していきます。