労働 基準 監督 署 相談。 結論、労働基準監督署への相談は電話より窓口がベター|残業代請求弁護士ガイド

相談 監督 署 労働 基準 相談 監督 署 労働 基準 相談 監督 署 労働 基準

⚠ 労基署が何もしてくれないのは単なる誤解 近年では労働基準監督署に対して、以下のような不満の声も聞かれます。 大事なのは、丸投げするのではなく、労働基準監督署が労働基準法を違反しているということを判断できるように下準備をするということ。 さらに労働基準監督署長は、必要に応じて、事業者、労働者、機械等貸与者、コンサルタントに対して、必要な事項(労災事故など)を報告させたり、出頭を命じることができます(労働安全衛生法100条1項)。

16
女性のためのも存在します。 そのため、通報して「トラブルを解決したい」「会社に罰則を与えたい」と思うなら、労働基準監督署への通報が最適な選択肢なのか、事前にしっかり判断することが大事です。
相談 監督 署 労働 基準 相談 監督 署 労働 基準 相談 監督 署 労働 基準

😎 法令違反が明確な案件については動いてもらいやすいですから、きちんと証拠を揃えて相談することが大切です。 最近では、業務などに起因して新型コロナウイルスに感染した場合、一定の要件を満たせば労災保険の給付が受けられるようになったことが話題となっていますが、この給付の決定も労働基準監督署の業務です。 労働基準監督官とは 労働基準監督官には、2つの権限があります。

それより、具体的な相談の手続きの方法や流れを知りたい場合は、から読んでください。
相談 監督 署 労働 基準 相談 監督 署 労働 基準 相談 監督 署 労働 基準

😒 なぜなら、 労働基準監督署にも、「 得意な相談内容」や「 できること」が限られているからです。 相談する前に証拠を準備する 労基署へ相談に行く前に、まずは根拠となる証拠を準備することが大切です。

1日の労働の開始時刻と終了時刻• 一方で弁護士は、専門的な知見からアドバイスができることはもちろん、労働者に代わって残業代請求を行い、交渉や裁判を行うことが可能です。 そして、労働基準法104条では、「事業所(会社)に違反する事実がある場合、労働者はその事実を労働基準監督署に申告することが出来る」と規定されています。
相談 監督 署 労働 基準 相談 監督 署 労働 基準 相談 監督 署 労働 基準

🖕 労働関係の法律に違反していれば、労基署は積極的に動いてくれます。 いじめ、パワハラ、セクハラ、モラハラを受けている• 実際に僕は、会社に解雇されてから労働基準監督署に相談に行って、申告(会社にガサ入れしてくれという意思表示)をして、ブラック企業に臨検調査に入ってもらいました。 労基署の限界?未払い残業代は弁護士に相談するのも有効 ここまで、未払い残業代の労基署への相談についてご説明してきましたが、実は、労基署に相談しても、必ずしも解決につながるとは限らないという懸念があります。

7
だが現実はかなり厳しい。 社内でトラブルについて対応してくれない場合、損害賠償や慰謝料に発展する可能性がある場合に有料相談できる• 弁護士は労働問題に関して専門的知識を活用しながら、労働者にかわって残業代請求を行うことはもちろん、会社の違法な対応の改善を促すことができます。
相談 監督 署 労働 基準 相談 監督 署 労働 基準 相談 監督 署 労働 基準

🙄 未払い残業代の支給に応じなければ弁護士に相談する 未払い残業代を会社から回収したい場合、弁護士に相談することで解決につながる可能性があります。 ですが、もちろん匿名での申告もできますので、状況に合わせて判断してくださいね。

外国人労働者等からの 多様な言語に対する相談もお受けします。 書類には ・申告者の名前(匿名も可) ・違反者名、場所等(会社名等) ・労働基準法違反の事実 ・申告の主旨(調査と是正を求める、等々) ・添付書類(証拠) などを記入します。
相談 監督 署 労働 基準 相談 監督 署 労働 基準 相談 監督 署 労働 基準

👇 申告というのは、ただの相談とは異なり、具体的な違法行為の事実を伝えて、何らかの対処を要求する手続きのことです。 しかし、 民事的な損害賠償請求や残業代請求等について相談しても、労基署が支払い義務等について命令を行うことはありません。 希望しない部署への異動や降格、懲戒解雇処分を下されるようなことがあれば、それはまた別の問題へ発展していきます。

12
労働者からみると、上記だけでもひどい対応と評価されるかもしれませんが、最近の労働基準監督署は、相談窓口にいくと、手短に相談者の話を聞き、 「 あっせんがあるからあっせんでやってみたら・・。