折口 信夫。 作家別作品リスト:折口 信夫

信夫 折口 信夫 折口 信夫 折口

♥ の短篇『』に登場する国文学者の藤宮や 、の長篇『ゴニラバニラ』に登場する民俗学者の折節萎(おりふし・しぼむ)は折口がモデルといわれている。 折口博士父子の墓 羽咋市一ノ宮町. 旧版「折口信夫全集」(全31巻別巻1)は3度刊行。 「日本民俗学の開拓者たち」(山川出版社 2009年 ) 71ページ• (新字旧仮名、作品ID:47182)• (新字旧仮名、作品ID:46325)• これは神事に関係のある語に違ひないが、客が遊びにゆく饗宴とは関係のない語である。

18
河童の様でもあり、鳥の様でもある。 「古事記の研究」 中公文庫、2019年9月 代表歌 春のことぶれ 卒業する二兎人に• 皿数への形が整ふと、物数への妖怪の聯想が起る。
信夫 折口 信夫 折口 信夫 折口

☯ (新字旧仮名、作品ID:47704)• それが乞食という意味を持つようになったのは、かれらが食と引き換えに芸を披露したことから来ているのである。

18
宮廷における三神器の意義に近い宝だつたのである。
信夫 折口 信夫 折口 信夫 折口

💅 尤、近代の河童には、此点の欠けて居る伝説は多いが、以前はやつぱりあつたのである。

6
椀貸し穴の、椀を貸さなくなつた原因を、木具の紛失で説いたのも、此印象が去り難かつた為であらう。 1930年(昭和5)とその翌年、東北地方各地を旅する。
信夫 折口 信夫 折口 信夫 折口

🐝 厠の下から人を かまふ目的が、単に しりこを抜くばかりでなかつたのかも知れない。 播州・江州に大きな足だまりを持つて居た。 脚注 [ ]• 祇園守りの紋所だと言ふ地方が広い。

16
しかも1943年に青磁社から出版された『死者の書』は、1938(昭和13)年に雑誌「日本評論」に3回に渡って連載されていたものと、構成が異なっている。 皿を始末させたら、一枚とり落して破つた。
信夫 折口 信夫 折口 信夫 折口

🌏 まれびと神は祭場で歓待を受けたが、やがて外部から来訪する旅人達も「まれびと」として扱われることになった。

4
校歌 - 作詞• 必しも加茂とも考へられぬが、威力ある神なのであらう。
信夫 折口 信夫 折口 信夫 折口

🤙 既に祓へのすんだ、牛ばかりゐる標である。 鬼事遊びの中には、子供専門の鬼を、中心にしてゐる事が多い。 彼の主張の根拠は、言葉の語義解釈くらいしかないのである。

9
この狭義のほかひは海女部との対立関係において考察される。
信夫 折口 信夫 折口 信夫 折口

🤪常世とはの住み賜う国であり、そこには人々をから護ってくれるが住むと考えられていたので、の住民達は、毎年定期的に常世からがやってきて、人々を祝福してくれるという信仰を持つに至った。

11
(新字旧仮名、作品ID:46331)• 三島や中上は、折口についてのアンビバレントな想いを率直に語ってくれている。