キュウリ 摘芯。 きゅうりの育て方(摘心)

摘芯 キュウリ 摘芯 キュウリ 摘芯 キュウリ

🤛 つまり、各節に実がつくという性質の品種です。 ・中節位中心に育てる 家庭菜園など、少ない株数を栽培する場合、どの位置でも作業に問題はありません。

8
しておいた方が、栽培がうまくいく可能性が高くなります。 先端を摘んだことにより、親蔓が伸びる為の養分が子蔓に分配され、子蔓が成長します。
摘芯 キュウリ 摘芯 キュウリ 摘芯 キュウリ

😋 作型によって、子づる以降の摘心のタイミングが少しずつ違ってくるので、 ぜひ参考にしてください。 子づる:下節位は1節で摘心、中節位は2節で摘心、上節位は1節で摘心 孫づる:1節で摘心して収穫後につるを取り除く、中節位は3節~5節で摘心、 上節位は3節~5節で摘心 ひ孫づる以降:下節位は取り除いているので摘心不要、 中節位と上節位は基本放任で混んでいる場所は取り除く ・半促成栽培 促成栽培よりも遅めに栽培を開始しますが、 露地栽培よりも早めに収獲を開始する作型です。 摘心されたきゅうり 鋏により、摘心作業が完了しました。

摘芯 キュウリ 摘芯 キュウリ 摘芯 キュウリ

✊ 摘心栽培の場合、摘心によって新葉の展開を抑えることから、果実肥大との関係で株の老化が促進する場合もある。

6
目安としては1株から5~7本収穫したら追肥が必要になります。
摘芯 キュウリ 摘芯 キュウリ 摘芯 キュウリ

👌 子づる以降のつるを全て放任すると、あっという間につるが絡んでしまうので、 整枝をかねて摘心をするようにします。 だいたい20~25節目 つまり先端をハサミでカットしてしまうということですね。

13
初期の生育状態、品種、畑の面積や植栽の密度によって判断し、その時々で変えたりすることもあるんですね。 つまり果実の数は雌花の数で決まるわけです。
摘芯 キュウリ 摘芯 キュウリ 摘芯 キュウリ

🤭。

ところが、側枝の発生が良好で着果部位 節数 が確保されればされるほど繁盛し、施設内では株と株による相互遮へいが起こることになる。 子づるの摘心をすれば孫づるが発生して、勢い良く伸びます。
摘芯 キュウリ 摘芯 キュウリ 摘芯 キュウリ

☘ 人工授粉は必要ない キュウリの花は雌雄異花で、自然条件下での受粉は虫媒による他花受粉が行われます。

4
古い葉は順次葉かきを行い、通気性をよくし、病害虫の防除に努めます。 さてさて、ここから勢いが出てくるといいんですけど。
摘芯 キュウリ 摘芯 キュウリ 摘芯 キュウリ

💖 管理も数倍しやすくなります! そして、他には、親づるの 6節目までにでてきた わき芽も全てつみとるようにします。 ・露地栽培 家庭菜園などでも使われる、もっとも基本的な作型です。 仕立て方は親づる1本仕立てとし、5~6節までの子づると花は除去します。

4
このように「節成り」タイプは短期的な栽培でその特性を発揮します。