護衛艦 はぐろ。 なぜ「やまと」はない? 人名はダメ? 自衛艦命名の謎、海自に聞く

はぐろ 護衛艦 はぐろ 護衛艦 はぐろ 護衛艦

💓 各高射隊はランチャー launcher 5両で編成、各ランチャーは[PAC-3 MSE]なら12発を搭載する。 「BMDS」の運用は、空自航空総隊司令官の指揮下に「BMD統合任務部隊」を置き、「JADGE」などを通じて一元的な戦術指導を行う態勢になっている。

音響測定艦としては1992年に就役した「はりま」に続き、実に29年ぶりの就役となる。
はぐろ 護衛艦 はぐろ 護衛艦 はぐろ 護衛艦

🐝 また、燃費を向上させるとともに、ライフサイクルコストを低減するために電気推進と機械推進を組み合わせたハイブリッド推進 COGLAG を採用しています。

搭載する「SM-3 Block IIA」は現在配備中の「SM-3 Block IA」の2倍以上の射程を持つので、中国、ロシアの奥地から飛来する弾道ミサイルを容易に撃破できる。 配備は秋田県秋田市陸自新屋演習場、および山口県萩市陸自むつみ演習場、の2箇所。
はぐろ 護衛艦 はぐろ 護衛艦 はぐろ 護衛艦

😗 海上幕僚監部広報室によると、寿命は木造艦船が約20年に対し、FRP製は30年超になるという。 それによると[DF21]、]DF-26]などの中距離弾道ミサイル300発、長距離弾道ミサイル200発、射程1,000 km程度の短距離弾道ミサイルを1,150発、射程数100 kmの巡航ミサイルを3,000発保有するという。

12
みんな昔の国名なので訓令に照らせば護衛艦につけられますが……これらの船はかつての一艦決戦兵器として知られていますが、今の護衛艦はそういう戦い方を前提としないので、なじまないのかもしれません。 ミッドコース Midcourse Phase ミッドコース・フェイズはミサイルのブースターが燃焼し終わり弾頭が分離される辺りから始まる。
はぐろ 護衛艦 はぐろ 護衛艦 はぐろ 護衛艦

❤️ これで中国が大量に配備を進めている中距離弾道ミサイル[DF-21]、 [DF26C]などに対する迎撃能力が大幅に向上する。 この区間で弾頭を撃破する場合、壊れた破片は大気圏に突入して燃え尽きるので心配はない。

6
現在イージス艦に搭載している「SM-3 Block 1A」は主に短距離弾道ミサイル迎撃用で、射程はおよそ1,200 kmとされる。
はぐろ 護衛艦 はぐろ 護衛艦 はぐろ 護衛艦

⚠ 乗組員は約55人。 海自トップの山村浩海上幕僚長は16日の記者会見で、北朝鮮の脅威などを念頭に、「弾道ミサイルへの対処能力はこれまで以上に向上する」と8隻態勢の意義を強調した。

10
これは中国に与する利敵行為に他ならない。 アメリカミサイル防衛局は2015年2月、ロッキードマーティン製のDWES(Distributed Weighted Engagement Scheme)によって、アメリカ海軍のBMD対応のイージス艦2隻が模擬の弾道ミサイル3発を成功裏に迎撃したと発表した。
はぐろ 護衛艦 はぐろ 護衛艦 はぐろ 護衛艦

☎ 「地方の名」なのであまり狭い範囲の都市名はなじまないと思います。 低層域での迎撃を担当する空自高射群は、[SM-3]の迎撃をくぐり抜け「ターミナル域」に侵入したミサイル弾頭を高度15 km以上で迎撃、直径20 km以上の範囲を破壊から守る役目を担う。 2019-07-25 令和元年 松尾芳郎 図1: SankeiBiz、酒巻俊介氏撮影 2019年7月17日午後、JMU横浜造船所で海上自衛隊の最新イージス艦の進水式が開かれ、「はぐろ」 艦番号180 と命名された。

15
これを補完するには上層域の防空体制を一層完全なもにする必要があり、そのためにもイージス艦の増勢とイージス・アショアの配備が不可欠である。 基準排水量は「あたご」級より500 ton、「こんごう」級より1,000 ton増えている。
はぐろ 護衛艦 はぐろ 護衛艦 はぐろ 護衛艦

☕ 1番艦は2番艦の「くまの」と同様、本来は昨年11月に命名・進水式が行われる予定だった。 迎撃できる高度はSM3の倍の約1000キロメートル超となり、防衛範囲も倍増する。

8
リチウムイオン蓄電池搭載の通常動力型潜水艦としては、そうりゅう型11番艦のおうりゅう(2020年3月に就役)に続き、とうりゅうが2番艦となる。
はぐろ 護衛艦 はぐろ 護衛艦 はぐろ 護衛艦

⚓ さらに、黒地に、艦名の由来となった山形県羽黒山に伝えられる「八咫烏」に因んで黒い羽根を中央左に配置、中央右にはイージス艦が護る領域のイメージを配置することで、イージス艦の任務の重要性を表現している。

15
これを「自動警戒管制システム(JADGE)」で連携実施する構想だ。 「PAC-3」には、迎撃高度を20 km以上に延ばし、防空可能な面積を2倍以上に拡げた「PAC-3 MSE」 Missile Segment Enhancement に更新する計画が2019年度から始まっている。
はぐろ 護衛艦 はぐろ 護衛艦 はぐろ 護衛艦

😈 探知距離は数千km に達する。 「はぐろ」は全長170 m、幅21 m、基準排水量8,200 ton、最大速力30 Kt+、推進機関はガスタービン、低速時にはガスタービン駆動の発電機・電力を使う電気推進方式で航行する。 秋田、山口両県への配備計画が進む地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」と合わせ、弾道ミサイル防衛(BMD)の能力向上につなげる構想だ。

16
海上自衛隊の最新鋭3900トン型護衛艦「くまの」(海上幕僚監部広報室提供) 海上幕僚監部は「今年は例年より就役が多い。